●商品説明 お正月の飾り香合として用いられるぶりぶり香合です。 木地の上に金箔を張り、丁寧に蒔絵が描かれています。 お正月にふさわしく、松竹梅?鶴亀?宝珠などおめでたい柄があしらわれています。 蓋を開けると内側 朱のいじ塗りと回りの黒漆とのコントラストが印象的です。 とても丁寧な仕上がりです。 いじ塗りとは…漆塗りの技法の一つ。 仕上げ塗りをした面に、さらに漆を塗ってたんぽで、表面に細かい波紋をたたき出すもの。 ●作家 漆匠二代 山下甫斎 略歴 昭和十九年 石川県山中町に生まれる 昭和三十九年 父「塗師 清峯」を師に伝統工芸山中漆器塗師を志す 下地、蒔絵の技術を独学で習得 昭和四十八年 父と茶道具の創作活動を始める 昭和五十三年 独立「甫斎」と号し、茶道具の創作活動を始める 現在に至る ●サイズ (約)全長17cm×最大直径7cm ●箱 化粧箱?共箱入、共布?しおり付
できるだけ実際の商品に近づけるように努めておりますが、撮影条件やお客様がお使いのパソコンにより、色味や質感が実物とは異なって見える場合があります。また、すべて手作りの為、サイズの誤差など全ての商品に個体差が生じますので予めご了承下さい。

●商品説明
お正月の飾り香合として用いられるぶりぶり香合です。
木地の上に金箔を張り、丁寧に蒔絵が描かれています。
お正月にふさわしく、松竹梅?鶴亀?宝珠などおめでたい柄があしらわれています。
蓋を開けると内側 朱のいじ塗りと回りの黒漆とのコントラストが印象的です。
とても丁寧な仕上がりです。
いじ塗りとは…漆塗りの技法の一つ。
仕上げ塗りをした面に、さらに漆を塗ってたんぽで、表面に細かい波紋をたたき出すもの。

●作家
漆匠二代 山下甫斎

略歴
昭和十九年 石川県山中町に生まれる
昭和三十九年 父「塗師 清峯」を師に伝統工芸山中漆器塗師を志す
下地、蒔絵の技術を独学で習得
昭和四十八年 父と茶道具の創作活動を始める
昭和五十三年 独立「甫斎」と号し、茶道具の創作活動を始める
現在に至る

●サイズ
(約)全長17cm×最大直径7cm

●箱
化粧箱?共箱入、共布?しおり付

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

B079YGQRMV z 金箔 振々香合 香合 茶道具-茶入茶壺

   B079YGQRMV z 金箔 振々香合 香合 茶道具-茶入茶壺

一覧はこちら

B079YGQRMV z 金箔 振々香合 香合 茶道具-茶入茶壺

   B079YGQRMV z 金箔 振々香合 香合 茶道具-茶入茶壺

本日の予定2016年08月12日

今後の予定

【日本製証明書付き】【海外対応可】日本梅泉写 蘭梅鉄瓶 般若勘渓作 約1.3L hn2721 B00OCBHQA0